釣り情報.COMのホームページへようこそ|フィッシュファイトに燃える全ての釣り師のためのリアルタイムサイト

qrcode.png
http://tsurijoho.com/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

 釣り情報.COM     
釣り情報.COMのホームページへ
ようこそ!当サイトはフィッシュファイトに燃える全ての釣り師のためのリアルタイムサイトです。
----------------------------------

006056
 
 

磯 堤防 投げ釣り

磯 堤防 投げ釣り
フォーム
 
北海道 枝幸 サケ釣り (ウオッチマン)
2010-09-17
今年は水温が高くサケの気配もない状態がまだ続いている。地元の人でもまだ1匹も釣っていない人も多いという例年にない状態です。沖の定置網も例年の半分以下ともしかしたら10月にならないとサケは来ないかもしれません。今回は友人と合わせて3人で「ボーズ覚悟」の体当たり釣行でした。4時に友人のボートにて枝幸港を出港し北見ホロベツ川河口に到着。なぎはよく釣り日和となったが、ハネも全く見えず玉砕覚悟でウキルアー開始。ところが友人の古町氏が何と第2投目で5.6キロの大きなオスをいきなりヒット。周りの羨望の視線を感じながら取り込み成功。途中ドラグをバンバン逆転させながらの楽しい初ものでした。これは期待できるかなと一瞬思いましたがそれからは空気が固まったように魚の気配なし。7時ころこれはだめだと見切りをつけて群れを探しに岡島、オチャラベ、川尻海岸とさまよったが結局気配なしで河口へ逆戻り。元の所よりさらに沖目で1匹釣れたので近くでトライすると、私に貴重な3.6キロの2匹目がヒット。オスのような鼻曲がりのメスでした。その後まったくアタリがなく周りも何とかぽつらと釣れる程度で河口の船全体でもおおよそ10匹程度。若干のハネともじりらしきものが見えた少し沖目へ船を移動させてみたところ確かに群れがいましたが全く反応せず1隻2隻とあきらめて帰ってゆきます。粘って船中3匹目のメスをヒットさせて今回は終了としました。地元組もまだほとんど釣っていない中での遠征組の3本はとても貴重なものでした。まだしばらく状況はよくならないかも知れません。
 
北海道 苫小牧港 西港 (サンデー釣児)
2010-09-05

日曜日に苫小牧西港でアナゴ釣りをしました。今年何度かトライはしたもののあまり満足のゆく結果がありませんでしたが、今回はやっと満足のいく釣果となりました。釣果としてはアナゴ十四匹キープできました。そのほかにもソウハチとクロがしらで七匹。今回はとにかく良型ぞろいのアナゴに感激、良いサイズでした。

 
北海道 苫小牧港 西港 (サンデー釣児)
2010-06-20
今年のクロガシラ葉少しシーズンが遅れているようです。そんな昨日、釣行下苫西港でクロガシラ大漁でした。
苫西港はいつものことながらヒトデが多く、1投ごとにこまめにヒトデを外し、根気よく続けました。
エサはよくある生イソメで特別な釣り方は必要なかったです。
距離もいらないので無理な遠投も全く必要なかったです。逆に塩イソメを使ったりしていた、典型的な遠投組は総じて釣果不漁の様子でした。灯台下暗し魚に対する嗅覚が大切なことはよくあります。
今回の入釣場所は中央北一号埠頭でした。
 
北海道 小樽港 沖堤 (サンデー釣児)
2010-05-02
ゴールデンウイーク前半は、強風波浪で全く条件が悪かった。釣りにもならない状態であったが、今週の日曜日は久しぶりに渡しで沖堤に渡ってみました。風もまあまあ条件は悪くなく、一日楽しめました。水温など諸条件も日増しに良くなってきていてこの日は沖堤1級ポイントでは50枚ものカレイが上がっていました。私は穴釣りなども楽しみマガレイ、カワガレイ、クロソイなど堪能できました。ゴールデンウイーク後半は天気も持ち直してほしいと思います。渡船は一定時間で常時渡しています。
 
北海道 小樽 高島漁港 (サンデー釣児)
2010-04-21

日曜日に小樽港へ行ってきました。先週までは強風など天候大荒れで釣りにならなかったので今回は期待しました。しかしなんか、水温がまだ上がらず、手で魚を触るとすごく冷たくまだ今一つでした。結果的にもあまり釣れなかった。とくにカレイがよくない。もう少し水温が上昇すると一気に彼にシーズンが来るでしょう。でも六目釣れましたよ。

来週はいい感じに成るかも(なってくれ!)。

3
 

船釣り

船釣り
フォーム
 
北海道 積丹 ホロムイ沖 (ウオッチマン) 
2010-05-09
5月8日友人と二人で積丹沖にそろそろ大きくなって「イタマス」と化している予定のサクラマスを狙いに行きました。水温もかなり上がり状況はよくなっています。朝早く出向してマッカ方向に向かいましたが、この日は最悪の北東からの風が強くうねりがかなり高いので苦労しました。50m付近でジギングとシャクリでホッケの良型はきますが、本命はなかなかきません。早いうちから海がしけ始め泣く泣く帰港となってしまいました。帰港すると友人のボートが30mでサクラマスを4匹あげていました。3.5キロを頭に計4匹と、この天候では最高の釣果でした。
 
ホロムイ沖 積丹(ウオッチマン)
2010-05-05
先週に引き続き美国からホロムイの沖にかけて今シーズンのイタマスを狙いに行きました。先週と同じ50メートルラインを中心に攻めていたところ、午前8時ころに沖の根の付近で今年一番の3.5キロのイタとは言えませんが、良型サイズが釣れました。あたりは小さくて最初はホッケかなと思うくらいのあたりでした。しかし水面近くまで来るといきなりガンガンと首を振り始め大変な引きでした。腹も太ってこのサイズにしてみると脂の乗りも良く最高の日でした。1時間半後には小さいながらも追加のマスをゲット。サクラの開花とともに状況は良くなってきました。
 
ホロムイ沖 積丹(ウオッチマン)
2010-04-26
先日、24日先週に続き再びボートにて積丹のイタマス釣りに挑戦した。天候は寒くカンパが来たようであった。どうしてここ最近は天候が優れないのであろうか、今年は少し暖気も遅れているようだ。そんなことにはめげず今回もホロムイの沖で粘ってみた。ところが水温も7度行かないくらいで低いせいか、ホッケの反応もあまりなかった。広く浜ふみから女郎子岩沖あたりを攻めてみたが、どこも反応は悪い。余別前浜ではけっこう釣果も聞くのだが・・・。この日は風も強くなってきたので10時半ころ帰港した。9時ころに1.5キロクラスをやっと1本上げることができ、ボーズを逃れた。また頑張ろうシーズンはこれからだ。
 
積丹 ホロムイ沖 (ウオッチマン)
2010-04-21
日曜日に今年初めてイタマス釣りに行ってきました。積丹のこの時期だけは特別な種類のサクラマスが釣れるので有名です。一説にはアムール系という話もあるようです。とにかく太平洋やオホーツクのサクラとは全く違う種類に見えます。また、味も別な魚のようです。今年はアミが発生しているようで魚はほどほどにいるようです。この日は午前5時出港、マッカ沖で2キロクラスが来てまずは一安心。それからアタリが遠のいていましたが、8時ころホロムイ沖で2.5キロクラスがきました。もう終わりかなと思った11時ころ浜ふみ沖で再び2.5キロクラスをゲットして本日は終了。まだ型がいまいちですが魚影はほどほどでピークのゴールデンウイ−クに期待が持てそうです。
 
苫小牧 東港 浜厚真 (サンデー釣児)
2010-04-05
苫小牧の沖堤流しへ行ってきました。シーズン初めでまだ水温が一定していなく様子を見る程度でした。

凪ぎはまずまずだったけど釣果はあまり満足はしませんでした。14時出港で大型アブ三匹とソイ、ガヤで十匹ぐらいでした。ちょっと時期が早かったかも?

アブの最大サイズは今回五十二センチ、ソイは最大四十二センチでした。これから本格的になってゆくのでレポート続けたいと思います。楽しいですよ。
2
 

ウキフカセ釣り クロダイ マダイ メジナ

ウキフカセ釣り クロダイ マダイ メジナ
フォーム
 
男女群島 長崎県 巨大(手前?)尾長でました(ウオッチマン)
2012-02-05
久しぶりにアップします。最近忙しくて行けなかった釣行でしたが、毎年恒例の無人島長崎県は男女群島に行ってきました。今回は直前に日本列島猛吹雪という悪天候で福岡に着いた時は真っ白け・・・。でも翌日から運よく天気は回復傾向ということで渡船当日こそ気温も低く風が強かったものの無事3日間のサバイバル楽しんできました。気合を入れた今回は一睡もせず3日間がんばり、オナガの50センチオーバーを初日から連発します。女島中心に瀬替わりをして、昼はクチブトの50センチクラスを連発と今回は男女群島の潜在力を満喫できました。とどめは最終日の巨大?(自分にとって)60センチほどもありドラグが何度もうなりもうだめかと思いました。一人で取り込みに成功してその大きさにびっくり久しぶりの快感でした。友人の稲田氏も口太の50センチをあげるなどまた来年行きたいと思った今回の男女群島です。
 
青森県 裏竜飛(チヌ太郎)
2010-10-10
9月に入り水温が下がらず、秋の盛期を迎えるマダイの反応はあまり良くなかったが、先日裏龍飛で好釣果を連発できた。東京から有名釣り名人も来て大いに楽しんだそうだ。大きさも70前後と非常に元気な秋磯マダイであった。今年はこれから期待できそうな東北の巨大マダイだ。
 
青森県 裏竜飛(チヌ太郎)
2010-06-13
6月にはいってからも、竜飛岬にマダイ釣りに行ってみました。水温が上昇してきたため、エサ取りの数と種類がだいぶ変わっていました。水深のある場所では巨大ウマズラハギ(専門に狙ってもよいサイズ)、上層部ではタナゴが活発になってきます。今回は裏竜飛のツバクラ沖のある無数の小さな磯、一人でやっと位のサイズで座ることもできません。つらい場所ですが朝から大型マダイのバラシがあるなど期待しながら続けました。午前中のうちに30から50センチのマダイを6枚と十分他の染めました。竿はインテッサG4、2号、ウキは釣研の尾長SPという組み合わせ。周りに一人ずつ入った仲間も数枚のマダイを堪能していました。オキアミにはボイルを併用することがポイントです。
 
北海道 函館 沖堤 (ウオッチマン)
2010-07-17
北海道でクロダイが初めて釣れてから「北磯研」では10年以上クロダイの大会を開催することで普及活動を行ってきましたが、今年も何とか無事に「北磯研夏のクロダイ釣り大会」を開催することができました。天気は晴れで風もなくコンディションは上々ですが潮が中潮で少々不安でした。朝からえさ取りのタナゴがうるさくクロダイの気配はあまりありませんでしたが白堤のハナレ先端付近で粘っていた会員の上野さんが8時前に40センチには届かないくらいのクロダイを見事にゲットしました。そしてややしばらくタナゴとの格闘が続きうんざりしてきた10時30分ころ昨年47センチの年間タイトル保持者の八木さんに中間付近でほぼ同じサイズが出ました。ここは、テトラが荒く根がかりはもちろんですが、やり取りの最中魚がテトラに道糸を引っ掛けることがままありますので少々強引さが必要です。今日の使用タックル:がまかつ「インテッサG?」0.8号、ライン2号+1.5号、ウキ:釣研「尾長SP」3B、ガンダマ使用。
 
青森県 裏竜飛(チヌ太郎)
2010-05-23
5月22日所属する「北磯研」の「春の東北釣り大会」で今年初めて青森の津軽半島の裏手通称「裏竜飛」へ「磯マダイ」をウキフカセで狙いに行ってきました。東京から黒鯛釣りで著名な「高木道郎」氏を顧問とし10名ほどが北海道・東北各地から集まりました。天候は21日金曜日に10m以上の強風と波で渡船が出ないため、今別のイガマ崎で竿を出しましたが強風で撤収となりました。翌朝は天候も徐々に穏やかとなり逆に霧などで肌寒い朝でした。われわれはシビヤマハナレとコデンベイへの二手に別れ渡船しました。9時ころ函館の柴田さんに45センチの黒鯛が来ました。その後はアタリが遠のいた気がしたため、ヨコドマリのハナレへ磯換えしてもらい11時ころ地元の名手福田さんに今回の最大魚マダイ60センチがガツンと来ました。取り残されたように感じていた13時ころ私にも念願のマダイのアタリがやっと来ました。型は50センチとやや小ぶりでしたが今年初めての「津軽リンゴ磯マダイ」に大満足。この日は水温がまだ低く底潮が一段と冷たいためマダイの活性がいまひとつでしたが、これから2週間くらいが最盛期となる予感がしました。渡船はマッカ石からでます。
1
 

内水面

内水面
フォーム
 
ブラウントラウト 支笏湖 
2011-06-26
チップ釣りと並んで隠れたファンを作っているのが、外来の害魚であるブラウンです。支笏湖では10年ほど前に14キロもの大型が釣りあげられた記録が残っています。大型で本場のヨーロッパでは50キロ以上という化け物みたいな記録がある。本州からわざわざレイクトローリングをしにやってくる人も少なくありません。記録的な大物はべつにしてこの写真くらいの3-4キロくらいのものは比較的合う確率が高いです。ギャング放流などは禁止され駆除の対象ともなっている魚で公にはできないけど、チップをトローリングで狙っている際にもたまにかかり大切なタックルを簡単にぶっちぎられたりします。お願い・・かからないでね。
 
チップ(ヒメマス)釣り 支笏湖
2011-06-02
支笏湖では大きくサイズを魚の歳で大中小に分けているが、今年のチップは初日から大型魚のみが数つれてビックリさせられた。不思議なことに中サイズ以下が釣れないのだ。しかも初日から3日間くらいは大型のみで30匹から60匹くらいが平均釣果という驚くべき結果であった。魚体は最高の状態で、見ているだけでも美しくうっとりとさせれてしまう。
 
北海道 千歳市 支笏湖 (ウオッチマン)
2010-08-31
本日は解禁最終日です。今年は全体的に絶好調で始まった支笏湖でしたが、7月には「そうなのー」というくらいの不漁が到来。しばらくは我慢の日が続きました。しかし8月に入ると事態は逆転。水温はどんどん上がって今朝は23度となっていました。例年「きびしいー」日々が続くはずなのになぜか好調を維持して、最終日の今日も20前後の釣果。しかもほとんどが30センチ以上のいわゆる「特中サイズ」。それに鼻の曲がってきた「大サイズ」が混じり強烈に食いあげてゆく。あーあもっと来たかったな。来年まで待っててね。写真は絶好調の6月ころの魚体(小さいか…)。
 
北海道 千歳市 支笏湖 (ウオッチマン)
2010-06-20
6月の中旬まで、支笏湖のチップつりは快調に推移しています。一部では大漁が続いているためみんな笑顔が絶えません。中旬は水温も10度を越えてきていますので、朝の寒さもだいぶ和らぎました。ポイントもほぼポロピナイ側で十分な釣果が出ています。入った場所やライン取りなどで釣果に違いは出ますが、一人30匹前後と楽しめる数は出ます。棚は各自でまちまちですが20m前後でしょうか。エサはハウスで売っているサシが大きくて効果があるようです。(300円から)レンタルボートする人はハウスの係員さんによくアドバイスを受ければ、ボーズはありません。不幸にもボーズとなった人も係員さんの機嫌がよければ残念賞としてうれしいお土産をくれるときもあるかも。また、よく支笏湖では丸々とした淡水サクラマスや、お化けのようなブラウントラウトがかかりますので期待しましょう。
 
北海道 千歳市 支笏湖 (ウオッチマン)
2010-06-02
支笏湖の風物詩「チップ釣り」が今年も解禁となった。今年は放流数の増加もあり、初日から釣果がよかった。水温は10度に満たない7から8度くらいだが、チップ(ヒメマス)の活性も高く、私の釣果も50匹近くとなった。大型は若干小さいが小型が例年より大きいため、楽しめました。初日は天候もよく絶好の釣り日和となり、国立公園の絶景を望みながら安全に楽しめました。今年は期待できそうです。ボートハウスではレンタルボートやエレキモーターを貸し出しているので、初めてでもすぐに楽しめます。前日に予約して朝2時半ころまで現地で手続きをし、3時に出向となります。船舶免許のない人はてこぎでも楽しめます。6月中であればハウス沖でもベテラン並みの釣果が期待できます。
1